オリジナルの紙袋を印刷してもらう|企業の宣伝にもなる

インク

販促ツールの制作

手提げ袋

販促ツールとして人気が高いのは手提げ袋です。実用性があると共に、広い紙面を活かした広告を印刷できることから、多くの企業などが利用しています。その手提げ袋の印刷で注意が必要なのは、費用対効果を高めるということです。デザインに凝っても高い宣伝効果を生むとは限らないからです。かといって専門のデザイナーを雇うと、それなりの費用も必要になります。そこで利用したいのは、手提げ袋のデザインも手掛ける印刷業者です。それも宣伝効果が高いものを研究してノウハウを積んでいるようなところです。近年需要が高まっているネットプリントでは、そのようなサービスに力を入れているところも多いので、高いレスポンスが期待できる業者を選ぶことが大事です。

手提げ袋での印刷においては、いかに費用を抑え、高いレスポンスを得るかということです。基本的に印刷では使用する色数を少なくするほどに料金は安くなります。また、デザインも大切ですが使用する用紙選びも工夫することで宣伝効果を期待することができます。印刷用紙にも様々なものがありますが、一般には光沢を持つものの方が存在感をアピールする傾向があります。また厚さを増すごとに費用も高くなるので、薄くても破れにくいという利点もあります。また少部数だけ必要とするならば、オンデマンドによるものが便利です。通常のオフセット印刷は枚数が少ないほどに割高となるからです。このような工夫をすることで、予算を抑えながらも宣伝効果を確保することができます。